FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

トレードオフの関係をビジネスに活用しよう!

トレードオフ

トレードオフの関係とは、一方の結果を追求すれば他方の結果を犠牲にせざるを得ないという二律背反の状態・関係のことを言います。

身近な例として、iPhoneのメール・Facebook・twitter等の新着通知機能(プッシュ型のサービス)とバッテリーの持ち時間をグラフ化してみました。

見事に、プッシュ型のサービスを有効にすればするほど、バッテリーが消費され持ち時間が減少する典型的なトレードオフの関係にあります。

バッテリーの消費を少しでも緩和するために、iPhoneの通知機能を片っ端から無効に設定してしまいがちですが、それをすると携帯端末を持ち歩いている意味が無くなってしまいます。
「何のために、iPhoneを持ち歩いているのだろう?!」
と言ったことに。

Appleさん、便利な機能を追加するのは良いのですが、バッテリーも長持ちさせて!

Quality(便利な機能が多いと優れた品質の製品)とCost(長持ちするバッテリーは高価)、つまりQとCもトレードオフの関係になります。

この問題を解決する一つの手段として、携帯端末の外部バッテリー(例:eneloop mobile booster)が売れるわけです!

つまり、

①トレードオフとなる2つの要因を見つけること
②そのトレードオフを回避するための製品・サービスを考案すること

は、新製品・新サービスのヒントとなるのではないでしょうか?

オフィース絵夢では、ソフトウェアの開発・管理や製品化に対してのアドバイスを行なっております。

企業の成長をお手伝い!
どうぞ、お気軽にお問合わせくださいませ。お問合わせは無料です!

お問合わせは、こちらまで!
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。