FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

iPhone 5 のテザリングと WiMAX で使用感を比べてみました!

iPhone 5 のテザリング便利ですよね〜!

私は、UQコミュニケーションズ株式会社の WiMAX を2年以上利用していますが、Softbank のテザリングが昨年12月15日からサービス開始されたことにより、両方共使用している状態にあります。

ちなみに、WiMAXとは高速、大容量のモバイルブロードバンド通信の方式のひとつで、この利用によりいつでもどこでも高速インターネットを楽しむことが可能になります。

私の WiMAX 端末は、これです! URoad-SS10

SS10_R製品詳細_01

コンパクトで消費電力を抑える機能として、ウェイティングモードや休止モードと言った使わないときには省電力に移行する機能が搭載されています。

また料金は、1年契約で月額3,880円で使い放題です。iPhone 5 のように1ヶ月7Gの通信制限が全くありません。

通信速度も下り最大40Mbps、上り最大15.4Mbpsと、高速な通信が可能です。

数字を見ると、WiMAX が良いと思われます!

そこで、実際に京都←→大阪間の私鉄電車の中で、iPad mini を使用して iPhone 5 テザリング(Bluetooth)と WiMAX での使用感を比べてみました。


iPhone 5 の方は、Bluetooth で接続していますので、実測下り1.5Mbps程度の通信速度で、一方 WiMAX の方は下り10Mbps程度の通信速度が得られました。

通信速度の計測は、iOS 用アプリ RBB TODAY SPEED TEST を使用しました!

RBB SPEED TEST

しかし連続使用をしていると、iPhone5 テザリングの方は電車で移動中でも、ほぼ切断されることなく安定して通信することができましたが、WiMAX の方は残念なことに度々通信が切断され、結果的に連続使用には支障が生じました。

iPhone 5 では、LTE エリアでは優先して LTE 回線に接続します。エリア外は従来の 3G 回線に接続し、かつカバーしているエリアが広いこともあり、移動中も安定して通信することができます。

一方 WiMAX は、iPhone 5 と比べるとやはりカバー率の面で劣ることと、2.5GHzの周波数を使用していて、電波干渉が発生する確率が高いと言えます。他の モバイル通信端末や Bluetooth とも干渉すると思われます。

電車内で使用していることもあり、モバイル通信端末を利用されている乗客の方もいらっしゃるので、そうすると、電波干渉が発生し度々切断される現象が発生します。

以上、iPhone 5 テザリングと WiMAX との使用感レポートでした!

WiMAX の絶対的強みは、やはり高速通信が可能なことと通信制限がなく使い放題なことです!

しばらく、TPOにより使い分けて行こうと思いました。

ITコンサルティング オフィース絵夢

【関連記事】

IMG_5546_convert_20121224223100.jpg iPhone 5 のテザリングは、このように使いましょう!
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。